外壁に白い粉が・・・チョーキングって?

外壁を触ると白い粉がと気になっている方も多いと思います。

これは、外壁表面が経年劣化や風雨、紫外線などの影響で塗膜の樹脂が分解され表面から粉が発生している状態です。


チョーキング現象と呼ばれるもので、通常これは塗料の劣化によるもので外壁の塗り替えの目安になります。


建っている地域の気候条件や使用されている外壁塗料の種類によっても程度が異なります、外壁の色あせ具合や劣化の状況などを調査し、どのような施工が良いか業者に相談する方がいいです。

塗装は下地の建材を保護しているので、どの程度塗膜が劣化しているかを調査し塗装の時期や目安は業者に相談してみてください。

あまり不安を煽るような話ではありません、建物や下地によって緊急性がない事もありますので、信頼できる業者に依頼や相談する事が重要です。