塗装工事は近所のご協力が必要になる事もあります。トラブル回避の為に!

塗装工事を行う際、近所対応は非常に重要です。良好なコミュニケーションと注意深い配慮によって、近隣住民との関係を損なわずに工事を進めることができます。

塗装工事は音や臭いや飛散など近所の方が不安に考えてしまう部分もあるので、工事のスケジュールや内容を近隣住民に事前に通知する必要があります。どの日にいつ頃からいつまで工事を行うのか伝えることは重要です。近隣住民を訪れて挨拶しますが、ご不在の場合にもお知らせや連絡先をポストに投函しておく事でもれなく事前連絡することと思います。

近所対応は信頼関係の構築につながり、将来の工事やトラブル時にも良好な関係が役立ちます。丁寧で誠実なコミュニケーションが鍵となります。


主な塗装工事トラブル対策

『足場組み解体』

塗装工事をする際に現在では軒天をほぼなくし敷地いっぱいに建てている事があります、その場合足場が敷地内に立たずお隣の敷地に足場を建てる必要がありご近所さんへの許可を取らなければなりません、また場合により足場を組みや解体する際に車の移動もお願いするケースもあります。


『高圧洗浄』

塗装工事の始めに高圧洗浄による外部下地調整が必要です、水圧が高いので洗浄した水が散ってしまうので、もしご近所さんのベランダが近い場合には洗濯物が高圧洗浄の際に干せない事があります。もちろんブルーシートなどで対策もしますが屋根など風で待ってしまう事があるので事前に言っておく事が大事です。


『塗装工事』

塗料の飛散でお隣の敷地が近い場合、車にシートカバーをかけたり、外に置いてある荷物に養生をして汚さないようにする必要があります。

事前にお知らせする事が重要になります。


『工事のマナー』

お客様が不快に思う事は、ご近所さんにとっても不快な思いをさせてしまう事があります。音や臭いなどどうにもならない部分もありますが、基本的なマナー不足(会話、タバコ、資材置き場が汚いなど)は請負った会社の管理者がチェックしますが、職人任せの場合は責任者に言ってください。こう言った事がないようにするために当社では自分で見きれない以上の仕事はしないようにしています。


『色トラブル』

お客様に決めていただく外壁などの色ですが、あまり奇抜な色や派手な色の場合、極稀ですけどご近所さんに工事後にクレームが入る事がある、自治体によっては景観にあわないなどの法的制限がある地域もあります。ご近所さんとのコミュニュケーションやある程度の妥協が必要になることも考えられます。


塗装工事はクレーム産業と言われていますが1日1日一つ一つの事に注意する事に慣れてしまえばクレームもなくなりますので、お客様や近所の方の要望は会社にとってもかけがえのない資産になるので実績やベテラン職人は多くの方の声で育たせていただいています。