塗料の化学物質って(鉛)?、お客様が心配しないように

様々な製品に化学物質は使用され私達の生活に役に立っています、その反面年数が経過してからリスクのあったものだと判明する事もあり現在では常にメーカーなどは対策や技術の進化を続けています。

鉛入りの塗料は過去に一般的に使用されていましたが、その後に健康被害が関連する事例が出てきました。

現在は鉛フリー塗料が一般的です。

年数の経っている建築物には鉛が入っているかどうか判断が難しい場合には施工する業者も注意が必要です。

剥がれている塗膜から鉛被害を抑えるために塗装によるメンテナンスはお勧めします。


健康リスク

鉛フリー塗料は鉛が含まれていない塗料の事です、人体への健康へのリスクが低減されます。特に子供や妊婦など鉛入り塗料の影響が心配される人々にとって安心です。


環境を守り子供達に譲っていくために

鉛は環境や人体に悪影響があるため鉛フリー塗料は環境への負荷を軽減します。塗膜が劣化し粉状になり風で広がったり、剥がれる際に鉛が土壌や水に流れ込むことを防ぎます。

子供が使用する施設などの管理されている方は詳しく知っていると思います。


塗料性能の進化

鉛フリー塗料や低VOC(揮発性有機化合物)塗料などの、鉛を含まない代替材料の技術が進化開発され、これらが普及しています。耐候性や耐久性が向上し、現代の鉛フリー塗料は従来の鉛入り塗料とほぼ同等かそれ以上の性能を発揮することがあります。


法規制

多くの国や地域で、建築物や製品において鉛の使用に制限があるため、鉛フリー塗料はこれらの法規制に適合しています。

東京都環境局にも『化学物質の子どもガイドライン』があります。


塗装工事を行う場合には鉛フリー塗料の使用が一般的となってきており、塗料メーカーはさまざまな鉛フリー製品を販売しています。

少しでも知っておく事で、もしかしたらと確認をしたり表面の塗膜を保全管理する必要性を考えるだけでも、未来ある子供達に良いものを残してあげる事につながっていくと思います。

当社の現在の考えや、知識内でのブログですので説明不足もありますが、参考になればと思います。